Server Core としてインストールした Windows Server 2008 に
IPv4 および IPv6 のアドレスを設定する場合は、netsh コマンドを利用します

> netsh int set int name="ローカル エリア接続" newname="InternalNIC"
> netsh int ipv4 set add name="InternalNIC" static address="192.168.0.10" mask="255.255.255.0" gateway="192.168.0.1" gwmetric=0
> netsh int ipv4 set dns name="InternalNIC" static 192.168.0.2
> netsh int ipv6 set add int="InternalNIC" 2008:380:e07:8d:1000::c0a8:8012
> netsh int ipv6 set add int="InternalNIC" fe80::192.168.0.10

IPv4 アドレスはもちろん、IPv6 アドレスも指定できます。
また IPv6 アドレスの場合は、各種の IPv6 アドレス表記法 (IPv4 射影アドレス等) も利用ができます

これらの設定を確認する場合には

> netsh int ipv4 show conf
> netsh int ipv6 show add

というコマンドで確認が可能です

Be the first to rate this post

  • Currently 0/5 Stars.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Comments are closed