DNS サービスを Windows Server 2008 の Server Core にインストールするには

> ocsetup DNS-Server-Core-Role

として DNS サービスの役割をインストールします。
これで DNS サービスはインストールが完了しますが、
DNSサーバ自身がローカルのDNSから名前解決をするようにするためには
netsh などを使ってローカルのDNSサーバを使って名前解決するように設定を変更する必要があります

> netsh int ipv4 set dns name="InternalNIC" static address="192.168.0.1"
> netsh int ipv4 add dns name="InternalNIC" address="192.168.0.2" index=2

こう指定することによって、自らのDNSサービスを使って名前解決をするようになります
また、add dns を使うことによって、名前解決に使う複数の DNS サーバを指定することも可能です

そして dnscmd を使ってセカンダリゾーンを追加するためには

> dnscmd /zoneadd newdoamin.local /Secondary 192.168.0.2

とゾーン転送してくるDNSサーバを指定し、セカンダリゾーンを構成します。
なおプライマリゾーンでは、セカンダリDNSサーバのレコードを指定しゾーン転送を許可するなどの指定が、あらかじめ必要です。

DNS サーバに設定されたゾーンの設定を確認したい時などは

> dnscmd /enumzones
> dnscmd /zoneinfo domain.local
> dnscmd /zoneprint domain.local

といったコマンドで、ゾーンの情報を調べることが可能です

DNSCmd の詳しい解説は、下記のサイトも参考にしてみてください
http://support.microsoft.com/kb/286041/ja
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc756116.aspx
http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/2008/library/e7f31cb5-a426-4e25-b714-88712b8defd5.mspx?mfr=true

Be the first to rate this post

  • Currently 0/5 Stars.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Comments are closed