Windows Server 2008 および Windows Vista では Server Message Block (SMB) v2.0 が採用されています

SMB 2.0 では I/O pipelining が実装されるなどによって
これまで ftp などに比べてファイル転送がかなり遅かったのが解消し
単純にエクスプローラでファイルをドラッグアンドドロップなどしてコピーを行っても
GbE であれば数百 Mbps レベルのスループットが出るようになりました

これらのカーネルに近いレベルでの変更について
下記のサイトに紹介がありましたのでリンクを張っておきます

Whereas SMB 1.0 issued I/Os for a single file sequentially, SMB 2.0 implements I/O pipelining, allowing it to issue multiple concurrent I/Os for the same file. It measures the amount of server memory used by a client for outstanding I/Os to determine how deeply to pipeline.

Inside Windows Server 2008 Kernel Changes
http://technet.microsoft.com/en-us/magazine/cc194386.aspx

Be the first to rate this post

  • Currently 0/5 Stars.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Comments are closed